スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田(雪村)うちわ 

 茨城県郷土工芸品展が13日までつくば西武百貨店の6階で開催されております。県庁や都内、県外そしてつくば西武など年に何回か茨城県郷土工芸品展が開催されております。私も毎回楽しみで、できるだけ会場に出向き、出展者お一人お一人に声をかけるようにしております。

 というのもわが茨城を代表する皆様が作る作品、どれもこれもすばらいしものばかりだし、これらの伝統工芸を次世代へ継承していくことも県政の課題の一つと言えるからです。

IMGP1737.jpg
(常陸太田市の雪村うちわ。86歳のおばあちゃんの全て手作りです。思わず一つ購入。)

 是非、皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト

こちら茨城宣伝部。 

 土浦市消費生活展が亀城プラザで開催されております。内容は盛りだくさんなので、市のHPに掲載されているこちらをご覧になって下さい→ 土浦市消費生活展(因みに25日までです)

 霞ヶ浦のことからレンコン、リサイクル、環境保全とさまざまなブースがあり、多くのボランティアの方々によって運営され、来場者お一人お一人に丁寧にご説明されておりました。しかもそのボランティアの方々の説明の仕方がとても上手い!
IMGP1629.jpg
(リサイクルブースの様子)
 
 また、土曜日にも関わらず市の職員の方々も大勢参加され、ボランティアの方々をサポートされていました。中には”ストップ地球温暖化”と書かれたタスキを掛けている市の職員も。タスキを見ると選挙を思い出してしまうのは、やはり職業病か・・・。 

 そんなこんなで会場を一周していると環境保全のブースで制服姿の高校生が熱心に説明を聞いているのを目にしました。声を掛けてみると、彼は高校三年生で環境に興味があり、来年の受験で国立大へ行って環境の勉強をしたいとのことです。なんか嬉しいですよね。思わず握手。あっこれも職業病か・・・。(しかも彼は以前から私のことを知っていたと聞いて二重の喜び)

 しかし、そんな嬉しさもつかの間、健康相談のブースで体脂肪を測ってみると、19.4%。軽肥満に近い標準の部類ということでちょっとショック。

 さて、午後からは、緑化団体などと協力しながら地域の環境保全に取り組んでおられる団体の総会へ。筑波大学名誉教授の村上先生やNPO法人「地球の緑を育てる会」石村理事長のお話を聞かせていただくとともに、このような方々と並んで挨拶したのでさすがに少々緊張の私。

 夕方からは汐留へ。東京で一番きれいな夜景が見られるとも言われるレストランフィッシュバンクを貸し切って行うイベントに、主催者の協力を得て茨城の農産物やお酒を宣伝。このような試みをするのは、おそらく茨城県議会議員初。(詳しい趣旨はこちら)

 まずは、会場の準備。
IMGP1633.jpg
(来場者の方々に配布する茨城観光案内のパンフレット)

 IMGP1636.jpg
(茨城産の新鮮なきゅうり、だいこん、かぶ、こまつな)

IMGP1634.jpg
(茨城産のトマトを使った料理)

 大雨にもかかわらず100名近い方々が集まりました。IT、アパレル、マスコミ、金融、広告、メーカーなどさまざまな職種で活躍されている20代~50代。茨城の新鮮な野菜を使った料理を堪能してもらいながら、私はせっせと一人ひとりに茨城の宣伝。でも逆に「フィルムコミッションを利用したことあるよ」とか水戸芸術博物館の意外な嬉しい事実も聞いたりもしました。このような企画をできたのもたくさんの方々の協力があったからです。ご協力いただいた皆さんありがとうございました。

IMGP1637.jpg
     (会場の様子)

茨城の”うまいもの” 

 城里町の河原井町議の協力も得て、トマト、きゅうり、にら、かぶ、だいこん、フルリレタス、赤ほうれんそう、こまつな、きぬさや、キャベツ、アスパラガス。そして焼酎が集まりました。

 5月9日付けのブログでも書きましたが、24日に汐留で行うイベントへ向けて出荷する茨城の農産物です。短期間でもこんなに集まるとはさすが農業県”いばらき”を実感です。

 今日は茨城の”うまいもの”を求めて、かすみがうら市の”さつまいも”の出荷工場へ。

 IMGP1622.jpg


 土曜日にもかかわらずたくさんの人が働いておりました。 ここではおよそ70人の方々が働いており、いもの選定や皮むきなどは機械に頼らず手作業とのことです。さつまいものことや茨城の農業についてさまざまなお話を聞くとともに工場内を丁寧に案内して頂きました。また、今回の趣旨を伝えるとともに、ご協力を得ることができました。ありがとうございます。

 これから消防団の練習です。行ってきま~す。

茨城のおいしさを 

 最近、知事や首長のいわゆるトップセールスが盛んです。

 私も茨城の農産物のすばらしさ、おいしさを県外の方たちにアピールということで、今月24日に汐留のあるレストランを貸切、茨城の農産物を一流シェフに料理してもらい、来場者のみなさんに振舞うイベントを企画しております。もちろん私一人でできるものでありません。今回の茨城アピールを提案したところ快諾してくれた主催者の方に感謝です。

 こういったことから、茨城のイメージアップや農産物の販路拡大に少しでも繋がればと思います。茨城県はアピールがいまいちとよく言われますし、議会で観光活性化の議論なんかもさかんですが、口で言うだけでは何も始まりません。私も一議員として、自ら率先して茨城をアピールしていきたいです。

 さて、地元土浦のれんこんやブルーベリーを出せればいいのですが、時期がずれたのが残念。でも今回の趣旨を説明すると快く農産物を提供してくれる農家の方々も多く、嬉しい限りです。ありがとうございます。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。