スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”人” 

 私の名前は”大人”と書いて”やまと”と呼びます。今まで同じ名前の方に会った事も、最初に”やまと”と呼んでもらったこともありません。しかし、私的にはかなり気に入っている名前です。

 名前の由来は、父の尊敬する方が”政人”という名で、その方から”人”という字を頂いたそうです。そして、名字との画数の関係から”大人”と付けられたとのことであります。

 さて、何で急にこんな話をしたかと言うと、私の後援会の方の兄弟にもうすぐお子さんが産まれるそうです。そして、私の名前から”人”と名をとって”陸人”と名付けてもいいかとの相談がありました。もちろん断る理由はありません。正直嬉しかったです。

スポンサーサイト

気持ちのいい朝 

 議会報告を片手に早朝、駅に立つ。

 駅立ちに際して、通勤や通学、散歩される方などすれ違う方々に気持ちのいい朝を迎えてもらえることを一番に心がけております。だから、私の場合は拡声器を使わず、”おはようございます”、”ありがとうございます”、”いってらっしゃいませ”がほとんどです。

 というのも都内に住んでいた頃、駅で朝から拡声器片手に演説されている方が結構いました。悪いことではありませんが、個人的にあまり気持ちよく思わなかった経験があるからです。
IMGP1627.jpg

 私が、朝の駅立ちを最初に始めたのが2006年の8月。今は八戸市議会議員になった大学の同級生の三浦博司君と二人で始めました。(私が彼に立候補決意を述べると都内の仕事を辞めて、縁もゆかりもないここ土浦に選挙が終わるまでの間、住み込みのボランティアにきてくれ私のことを支えてくれました。)最初は駅に立つのが恥ずかしかったのを今でも覚えています。

 さて、すれ違いざまに”頑張れよ”、”応援しているよ”などと言われると本当に嬉しいと感じます。私自身も気持ちよく朝を迎えられるから駅立ちがやめられないのかも・・・。

こども議会 

 みなさまこども議会をご存知でしょうか?

 土浦市では年に一回、7月頃に市議会の議場で行われております。市内の小学校から代表で一名が登壇し市長以下、市の執行部の方々へ質問をするという実際の市議会さながらのものです。

 質問内容は市報にも掲載されておりますが、ご覧になられた方はおわかりかと思いますが、どの質問もとてもするどく、参考になるものもたくさんありました。その中の一つにある小学生が学校の通学路でとても危険なところがあり、いつも登下校時に危険を感じているという質問がありました。県道であったため、市の方とも協力しながら、県の方へ要請し夏休みの間にガードレールが設置されることになりました。

 その後、学校を通して、質問をされた小学生から一通のお手紙が届きました。とても心温まる内容のお手紙であり、すぐに返事を書かなきゃと思いつつ今になってしまいました。その返事の内容は以下のとおりです。

 
 ○○君のお手紙をありがたく読ませていただきました。返事を書かねばと気にかけていましたが、日々に追われ、すっかり遅くなってしまい申し訳ありません。
 今回、ガードレールが実現した本当の理由は、私の力や周りの人々の力ではありません。○○君が、ガードレールが必要だ、実現させたい、と考えたからです。そして、それを作文に書くなり、先生に伝えるなり、行動に起こしていった結果、こども議会での発言のチャンスをつかみ、私が○○君の考えを知ることにつながったのだと思います。○○君の意見から、私もガードレールの必要性を強く感じ、その後はご存知のように、またたく間に工事、実現へと動いていきました。
 つまりは、夢を実現していく力は、○○君の中に十分にあるということです。
 大切なことは、自分が何をしたいのかを思いえがき、自分を信じて、小さなことからでも行動を始めてみる。そして、周りの人々への感謝の気持ちをいつも忘れないことです。私も日々そう心がけています。
 ○○君のお手紙からは、あなたのかしこさ、真剣さ、視野の広さがとても伝わってきます。これからがとても楽しみです。私自身も○○君からお手紙を頂きとても嬉しかったです。今でも大切に保管しております。ありがとう。
 寒いですが健康に気をつけてがんばって下さい。もうすぐ中学生ですね。今後もたくさんの夢を実現していくことを願っています。
 以上。
 
 政治家という職業はとあまりいい印象を持たれません。小学生の将来の夢に「政治家」と堂々と言ってもらえるような環境にしていきたいです。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。