スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土浦市社会福祉協議会法人化40周年記念大会 

 土浦市社会福祉協議会法人化40周年記念大会に参加いたしました。民生委員、児童委員、自治体関係者、社会施設職員、社会福祉団体、ボランティアの方々など地域の社会福祉にご貢献いただいている多くの方々が表彰されました。その後で、県議会議員として挨拶させていただきました。以下、挨拶の一部を掲載いたします。


  ◎本日、表彰を受けられました方々は、永年にわたる社会福祉活動への功績が認められたものであり、そのご栄誉に対し、心から敬意と感謝の意を表するものであります。
 ご案内のように、行政においては、社会福祉につきまして、あらゆる立場、あらゆる地域の方々が、憲法で保障された「健康で文化的な最低限度の生活」を享受できますよう、各種施策を講じているところであります。
 例えばわが県におきましても、昨年十月から子育て家庭を社会全体で応援し、子ども連れでの外出を温かくサポートできる地域づくりのため、いばらき子育て家族優遇制度が始まりました。
 しかしながら、これらの施策は行政のみの力で初期の目的を達成できるものではなく、その具体化にあたっては、住民の皆様のご協力、特に、ここにお集まりの皆様のようなボランティアの支援と協力は是非とも必要であります。◎


 大会の後、記念講演として、「サザエさん」のマスオさんでお馴染みの声優、増岡弘さんの講演がありましたが、県庁で夕方から平成20年度予算案の内示会があったため、講演は聴けませんでした。

 さて、県の平成20年度予算・・・相変わらずとても厳しいです。来週から始まる議会へ向けて忙しくなってきます。

※いばらき子育て家族優遇制度です。是非、皆様ご利用ください。 
http://www.kids.pref.ibaraki.jp/kids/pc/
 

スポンサーサイト

審議会削減 

 先日、ある新聞でも掲載されました。

県議会開会2週間前 

今月27日から約一ヶ月間、平成20年第1回定例会すなわち県議会が始まります。そのため来週からは本格的な会派の打合せや執行部との折衝が入ってくるので、今週は地元を中心に色々な方々と意見交換するため奔走しております。

 ある方と、昨年末の議会で可決された森林湖沼環境税について説明、可決に至るまでのわが会派内の議論や、茨城県議会初で3つの常任委員会が合同で審査を行った連合審査会の質疑の状況(連合審査会での青山の発言は翌日の新聞にも掲載されました)を述べているうちに、話はいつの間にか茨城の歴史へ。

 なんだかんだ言って、茨城生まれ茨城育ちの自分にはこの話が一番盛り上がります。水戸徳川家の家訓として引き継がれた尊王思想がやがて水戸学となり、明治維新の原動力の一部となったわけです。

 時代の変革の先頭に立って行動した水戸藩士達の血が途切れることなく脈々とこの茨城に続いていれば・・・。とついつい想像してしまいます。

 一世の智勇を推倒し、万古の心胸を開拓す。

鳩山幹事長、水戸駅前街頭演説 

 鳩山由紀夫民主党幹事長を水戸駅にお招きして、本県選出の国会議員、県議会議員で街頭演説を行いました。もちろん話の中心はガソリンの暫定税率のことです。

 皆様もご承知の通り、テレビや新聞をはじめ、政治の話題になると「ガソリンの暫定税率」のことが、いの一番に取り上げられます。因みに私は「廃止」の立場であります。各党のHPをはじめ、わが民主党の国会議員、他党の国会議員のHPで「ガソリンの暫定税率」について反対、賛成の主張がたくさん書かれているのでここでは詳しく書きませんが、
 私個人の理由を簡単に述べると
①今の金融状況を見たとき、国内において内需を拡大する施策をとるべき
②国の道路計画を見直すいい機会
③茨城県でもそうですが、地方では車は必需品(わが県でもそうですが鉄道等の公共交通機関が昨今、廃止されている)

 県議会議員の立場でこのような国政の課題について、このような場で意見を述べると色々批判されることは重々承知しておりますが、敢えて述べさせていただきました。また、民主党としてまとめた資料もありますので、民主党の主張をお知りになりたい方は、ご連絡いただければFAX等でお送りいたします。

こども議会 

 みなさまこども議会をご存知でしょうか?

 土浦市では年に一回、7月頃に市議会の議場で行われております。市内の小学校から代表で一名が登壇し市長以下、市の執行部の方々へ質問をするという実際の市議会さながらのものです。

 質問内容は市報にも掲載されておりますが、ご覧になられた方はおわかりかと思いますが、どの質問もとてもするどく、参考になるものもたくさんありました。その中の一つにある小学生が学校の通学路でとても危険なところがあり、いつも登下校時に危険を感じているという質問がありました。県道であったため、市の方とも協力しながら、県の方へ要請し夏休みの間にガードレールが設置されることになりました。

 その後、学校を通して、質問をされた小学生から一通のお手紙が届きました。とても心温まる内容のお手紙であり、すぐに返事を書かなきゃと思いつつ今になってしまいました。その返事の内容は以下のとおりです。

 
 ○○君のお手紙をありがたく読ませていただきました。返事を書かねばと気にかけていましたが、日々に追われ、すっかり遅くなってしまい申し訳ありません。
 今回、ガードレールが実現した本当の理由は、私の力や周りの人々の力ではありません。○○君が、ガードレールが必要だ、実現させたい、と考えたからです。そして、それを作文に書くなり、先生に伝えるなり、行動に起こしていった結果、こども議会での発言のチャンスをつかみ、私が○○君の考えを知ることにつながったのだと思います。○○君の意見から、私もガードレールの必要性を強く感じ、その後はご存知のように、またたく間に工事、実現へと動いていきました。
 つまりは、夢を実現していく力は、○○君の中に十分にあるということです。
 大切なことは、自分が何をしたいのかを思いえがき、自分を信じて、小さなことからでも行動を始めてみる。そして、周りの人々への感謝の気持ちをいつも忘れないことです。私も日々そう心がけています。
 ○○君のお手紙からは、あなたのかしこさ、真剣さ、視野の広さがとても伝わってきます。これからがとても楽しみです。私自身も○○君からお手紙を頂きとても嬉しかったです。今でも大切に保管しております。ありがとう。
 寒いですが健康に気をつけてがんばって下さい。もうすぐ中学生ですね。今後もたくさんの夢を実現していくことを願っています。
 以上。
 
 政治家という職業はとあまりいい印象を持たれません。小学生の将来の夢に「政治家」と堂々と言ってもらえるような環境にしていきたいです。


 

徒然なるままに 

 結局HPをほぼ全く更新しなかった2007年。今年はブログ、HPを充実したものにします。といいながら、早2月となってしまいました。
 
 昨年12月中旬、特別委員会の帰りに県庁近くで交通事故に遭い。以降、年末の予定も全てキャンセル。年が明けて、1月12日から2週間、日米青年政治指導者交流プログラムの日本代表に選ばれ渡米。帰国後すぐに小沢一郎政治塾の合宿(それぞれの詳細は後日HPにアップします)や今月27日から始まる県議会に向けての常任委員会等があり、慌しい年明けでした。なかなか地元に顔を出せず申し訳ございませんでした。

 そして本日、新しい車がきました。車検2年つきのマークⅡ、乗り出し価格35万円。(とてもこの価格には見えません。いつもお世話になっているディーラーさんと紹介して頂いた後援者の方に感謝です)

 新年の行事が目白押しのこの時期に地元を離れるのはつらいものがありましたが、貴重な経験を得ることができました。このような経験をすることができたのも日頃から応援していただいている皆様方のおかげであります。これらの経験を県政、地元のために生かしていきたいと思います。そして本年も周りの方々への感謝の気持ちを忘れることなく日々まい進していきたいと思います。

 因みに今、18日締め切りの日米青年政治指導者交流プログラムのレポート作成中であります。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。