スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言うは易く行うは難し 

 本日は昨日完成したばかりの議会報告no12の配布をしたところ、やはりさまざまな方々から後期高齢者医療制度についての不安、批判の声を聞きました。国の社会保障施策が朝令暮改の昨今。やはりこの制度に実際に該当する方々の不安はとても大きいのです。3月の議会におきましても私たちの会派が紹介議員となり「後期高齢者医療制度の凍結・見直しを求める請願」を提出をしました。結果は反対多数で否決されてしましましたが。

 2年前にこの法案が通っていたのに何故、国民に事前に周知してこなかったのか。何故、保険料を世帯ごとに取るのではなく一人ひとりから徴収するのか。年金からの天引き・・・。そもそも今回の制度によって高齢者の保険料負担はおよそ年間1.2兆円ほどになります。10年間の道路計画が59兆円。特定財源の一部でも回せないのだろうか?

 夕方からは鳩山友愛塾の2回目。「自然との共生」を掲げる鳩山邦夫大臣曰く、「最近、哲学や信念を持った政治家が少ない。環境問題は政治家として哲学を持たないと取り組めない課題である」との言葉が印象的でした。

 環境と言えば、茨城県においても本年から森林湖沼環境税が導入されます。一人年間1000円が県民税に上乗せという形で徴収されます。これについて私は、昨年の環境商工委員会、本会議、最終の合同審査会において、新税の導入や新税の使途についてどちらかというと否定的な議論をしてきました。というのは、森林の保全に○○円、湖の浄化に○○円使いますではなく、環境問題には一人ひとりの意識をいかに高めるかが一番のポイントだと思うからです。まさにこれが言うは易く行うは難しなのですが・・・。

森林湖沼環境税 http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/soumu/zeimu/shinzei/

スポンサーサイト

藤田幸久参議院議員 

 おまたせいたしました。本日、青山大人活動報告No12がついに完成いたしました。明日から駅を始め配布いたします。欲しい方は是非、ご連絡ください。よろしくお願いします。

 さて、県庁での打合せの後、夕方から藤田幸久参議院議員の励ます会が水戸で開かれました。昨年夏の参議院議員選挙でトップ当選を飾った藤田議員。私が尊敬している議員の一人であります。(単に同じ党だからとか、大学の先輩だからという理由ではなく)

 とうのは、おそらく民主党随一、国会議員全体を見回しても5本の指に入ると思われる国際感覚の優れた議員であるからです。(世界43カ国を歴訪し、語学にも堪能であるばかりか、国際的なバランス感覚も兼ね備えております)

 なぜこのような話をしたかと申しますと、衆議院と異なり解散もなく、任期も6年と長い参議院議員には地元行脚や地元の利益誘導というよりは、長期的な視点で国益を考えることができる国際感覚に優れた議員が多く必要であると考えるからであります。外交力の弱いと言われる日本、国際派の議員が増えることを望みます。

 

国際都市への第一歩 

 本日はかすみがうらマラソン。今年は参加者も多く、例年以上に盛り上がったようです。
 
 そんな中、本日は韓国の高陽(コヤン)市とあるスポーツを通して国際交流をしようという試みのための準備会議がありました。人口14万強の土浦市とおよそ100万人弱の街、高陽(コヤン)市との連携は都市の規模から見ても画期的なことであります。

 また、国際交流といっても単に形式的な姉妹都市を結ぼうというものではなく、定期的に留学生を招き、地元の学生と交流していくという実質的なものであります。まだまだ準備段階であり、越えなくてならないハードルもいくつかあるので、詳しいことは書けませんが、夢はひろがります。

 余談ですが、議員になると色々な団体や協会等から顧問になっていただけないどの依頼がありますが、ほとんどがお飾りみたいなものです。ですから私の場合、もちろん内容にもよりますが、安易に引き受けないことにしております。私が今回このプロジェクトにとても興味を持ったのは、その内容もさることながら、新しく立ち上げていく過程に一から加われるからであります。

 高陽(コヤン)市 http://www.goyang.go.kr/fl/jp_cul_his.html

桜ひらひら舞い落ちる 

 今日あたりが、お花見最後の土日かなと。ということではありませんが、本日は日枝神社の例祭並びに流鏑馬(やぶさめ)へ行ってきました。やはり、桜は何回見ても気持ちがいいものです。

日枝神社


 お昼には「小町の里」で手作り蕎麦を堪能。後援者の方々が偶然いたので同じテーブルで、さらに千葉から来たというちょうど母親世代の二人組の観光客とも一緒になり、いつの間にか大勢で食べていました。「ここら辺の景色が大好きで毎年来ているけど、駐車場の案内が不親切、カーナビに入れても出てこない、県のHPが見ずらい」とのご指摘を受けました。県議会議員さん何とかしなさいとのお叱りも・・・。

 そば畑のきれいな時期にまた来てみたいと彼女たちが話していたら、親切なそば打ちの方が、その時期に彼女たちに連絡をしてくれるとのことです。観光地ならではのおもてなしの良さに触れたひと時でした。

 その後、亀城公園での桜祭りへ。日枝神社同様、大勢の人で賑わっていた中で、ちょっと変わったものが。taspo(たばこのための成人識別カード)の登録受付です。本県においても7月からtaspoがないとタバコが買えなくなるそうです。申し込みも簡単、手数料や年会費は無料なのでタバコを吸う方はお早めに。

 さらに、地元参議院の藤田幸久議員がつくばへ街宣へやってくるというので、つくば駅へ向かう。天気もよいし、気持ちよく街宣活動。つくばにも関わらず、私の顔を見て土浦の方が何人か声を掛けてくれました。素直に嬉しいです。最近活動チラシが家に来ないとのお叱りも・・・。申し訳ありません現在、鋭意作成中です。

つくば駅前街頭演説


そんなこんなで、本日は色々な方とお話しました。ガソリンの値下げについて聞くとほぼ全員が値下げに肯定的です。

 私たちは何のために税金を納めているのでしょうか?税金はみんなのお金であり、その使い方は多くの皆様が納得されるものでなければいけません。25円というガソリンの暫定税率も私たちが納得できる使い方をしてくれていれば、このような批判は浴びなかったのではないでしょうか。

 

議員年金廃止へ 

 茨城県議会で議員年金廃止へ向けた法改正に向けて動いております。これは全国の都道府県議会で初めてのことです。一部会派では難色を示しているところもあるそうですが、民主党会派も私も、選挙の時から主張していたようにもちろん廃止に大賛成です。

 議員年金は他の年金より厚遇されているのは事実であり、国会においても、国民年金をはじめ年金制度の根本からの見直しの議論が活発になっている中で、まずは議員自ら襟を正すのは当然であります。

 国会でも二年前に国会議員の議員年金制度が廃止されております。ただ、勘違いしがちですが、国会議員と都道府県議会議員の年金制度は異なります。詳しくは下記で、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B0%E5%93%A1%E5%B9%B4%E9%87%91

 いずれにせよ、法改正をするには全都道府県議会の同意が必要であり、まだまだ時間はかかりそうです。また、茨城県議会議員の自分が言うのはどうかと思いますが、茨城からこのような動きがでたことは評価されるべきであると思います。

茨城県の農業は全国第何位? 

 茨城県の農業産出額は全国第4位。ちょっと前までは全国第3位でした。因みにメロン、干しいも、みず菜、そして私の地元土浦のレンコンは全国第1位の産出額です。意外と知られていない農業県、”いばらき”であります。そして県では最近、ブルーベリー、いちじく、ぎんなん等の地域特産果樹に力を入れております。

 そんな中、本日はお忙しいところお時間を頂き、ブルーベリー栽培の農家の方々のお話を伺うことができました。まずはブルーベリーの品種の多さにびっくり。そして国内はもとより、海外とも連携しながら品種改良に努めているとのことです。

 ブルーベリーというとまだまだ海外からの輸入ものとの印象が強いのですが、まさに今、国内生産ブームであり、”いばらき”のブルーベリーブランドを確立すべく農家の方々が積極的に取り組んでおります。また、ブルーベリーは大型の機械を必要としなく、比較的新規参入がしやすいのも特徴です。

 食料自給率が4割をきってしまった日本。農業の後継者不足の問題、原油高の影響でビニルハウスに必要なA重油の価格が以前の2倍以上。農家の方々を取り巻く環境は厳しいものがあり、国の施策としても今、大きな転換をすべきであります。

 午後からは打合せのため県庁へ。その後、4月の人事異動で県の保健福祉部長になられた山口さんのところへ挨拶へ行きました。県のプロパーとしては初の女性部長。今朝の新聞にも大きく取り上げられておりましたように今、注目の方です。本人曰く、「私は苦労人ですから」と謙虚におっしゃっていたのがとても印象的でした。私も思わず、「うちも選挙に4回落ちた苦労人です」と応えてしまいました。

 さて、明日の新聞にも掲載されると思いますが、3月25日付けの私のブログに「市内でフェンスの無い小中学校が数件あり、早急に設置できるよう対応したい」と書きましたが、その内2校が今月中に設置されることになりました。子どもたちが安心して学校生活を過ごせるよう、微力ながらこれからも取り組んでまいります。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。