スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターン生最終報告(羽成敏之から議員への手紙) 

 今回このインターンには、参加しようか迷っていました。私は大学生活最後の春休みであり、議員さんの下で勉強するのではなく、ただ学生生活最後の休みを満喫したかったのです。しかし以前から政治は好きで新聞などでいろいろ見ていましたし、大学生活でしか経験できない二度もないチャンスということで参加を決意しました。終えてみて参加して本当に良かったと思っています。

 正直に私は、青山議員のところへインターン生として行けて良かったです。若いので、他の議員さんよりも堅い印象もなく近い距離で接することができましたし、日々勉強もすごくされていてそれをひけらかさずに私にいろいろとご教授していただきました。

 また青山議員と同じ、地元茨城、そして土浦を見直す良い機会になりました。土浦の町を一緒に歩いたときも、ここをこうしたいな、あそこがああだったらといろいろと語っていました。私はその時、改めて土浦の町が小さな時に過ごしたときとは全く違う方向に進んでいることに気付きました。休日なのに人の賑わいがない土浦をみるのは正直、ただ心が痛みました。なぜこうなったのか、土浦を賑やかな町に戻せるのか、その日はこんなことをずっと考えていました。青山議員も土浦を賑やかにすべく努力をしていると思われます。

 しかしまずは、土浦市の方々自身も同じ気持ちで望まなくては変えられることはできません。政治で何かを変えるという場合は、有権者自身が変えようと思わなければ何にもなりません。議員というのはそのきっかけをつくってくれることと思います。きっかけがなければ、議員を選挙で変えてしまえば良いことです。青山議員がしようとしていることに、私もできることならば手を尽くし、お手伝いをしたいと思っています。

 また青山議員には様々なことを学びました。活動としては、早朝からの駅のビラ配りやポスティングなど。そして県庁の議事堂や、東京などにも連れていってもらい楽しく学べました。議会の一般質問で、私が考えたことが質問してくれたのはとても嬉しかったです。印象的なのは、議会のこういったところを変えた方が良いとか、全国みてももっと若い議員がいても良いと思うなど独特の青山議員の意見です。青山議員自身は意識していないと思いますが、おかしいと思ったところははっきりと指摘をし、善を貫いています。こういった姿勢、人柄も多く学びました。

 インターン中は、学生生活最後ということで2週間海外に行ったり、頭を伸ばして茶髪にしたりしてご迷惑をおかけしました。インターンという社会経験の場なのに、とても甘やかしてもらったと思っています。しかしそのことは怒りもせず、さらっと優しくいうだけでした。怒るのは、おかしいと思う議会のときだけだと言っていました。

 最後にこんな当たり前だと思うようなことばかり書いたのは、やはり議員というものが普段何をしているのかが見えないことだと思います。私は、今回のインターンを通して議員の忙しさを目の当たりにしました。しかし政治に興味のない人はやはり未然に、何をしているのかがわからないです。今一度、議員とは何か、多くの方が知る必要があるのではないでしょうか。しかしそれは、教科書に載っているようなことではなく、生の議員と近い距離で接する必要さえあると感じます。インターンに参加して、私の正直な感想は議員も普通の人なんだなと思いました。そんなに遠い存在の方達では無いということです。権力のある方は良くも悪くもその権力を最大限に使います。しかしそれをせず、地道に活動されている方もたくさんいます。その方の今後を決めるのは、有権者である私たちです。もっと近い距離ならばたくさんの人達も、選びやすいのにとも思いました。

 政治を変えるのは有権者という言葉をよく聞きますが、有権者は政治をする人(議員)が政治を変えられるかを見極め、選ばなければいけません。要するに、そこまでの政策の是非や説得力を見て決めます。その本質を見るのは多くの有権者が難しいことであると思います。もう一度言いますが、議員とは何かもう一度見直すべきかもしれません。法律とかでなく、一人一人の意識を改革するという意味で。二ヶ月という期間を振り返り、このように思いました。
 
 私も4月から晴れて社会人に仲間入りをさせていただきます。青山議員のようにおかしいことはおかしいと指摘できるように一歩ずつ近づいていきたいです。今後も忙しくなるとは思いますが、青山議員の政治活動に参加できるよう頑張りたいです。青山議員、インターンの短い間、ありがとうございました。

2009年3月31日
羽成 敏之

スポンサーサイト

県議会報告かわら版19号 

 県議会報告かわら板の19号が完成しました(表)(裏)。今回の表面は、平成21年度県予算の重点ポイントの説明と一般質問の概略。裏面は、茨城県の緊急雇用、経済対策の説明と相談窓口の一覧です。

 県のセーフティネットはいくつかありますが、その中身を知っている人はごく一部の人に限られているきらいがあります。このような情報の非対称性を少しでも解消し、多くの方にさまざまな制度があることを知ってもらえばと思います。

 相変わらず、早朝の駅や戸別で配っております。最近暖かくなってきたので、朝の駅立ちもしやすくなりました。

インターン生中間報告(羽成敏之) 

 私は今回このインターンシップに参加し、青山大人議員と出会いました。政治に興味を持ち始めた私は、議員という方々が普段どんなことをしているのかが知りたかったのがきっかけでした。

 議員というのはどうも胡散臭くて、昨今の政治を見ていると利権のために様々な企業や人とかかわっているというイメージがありました。そんなことは私だけでなく、多くの若者が抱いていることだと思っています。もちろん中には頑張っている議員もいる、、、というのは幾度となく耳にしていました。その頑張っているという議員の方に私は出会えたと思っています。
インターン羽成
 それは本気で土浦を活性化させようとしている姿勢などで伺えました。正直、議員と出会う前は、漠然と土浦は衰退の一方だし活性化なんて無理だろう、と私の地元でもあるのにそんなことを考えてしまっている自分がいました。しかし日を重ね、ご一緒させていただいているとあの手この手を考え、地元土浦を元気にしようとしています。それは議員としてではなく、議員という立場を活かし地元愛で土浦の復興に手をかけているように見えました。映画の撮影が土浦で行なわれたことにも驚きました。私自身、撮影を見れなかったのは残念ですがこれが土浦の大きな活性化に繋がるのではとワクワクしています。

 青山議員とご一緒していると日々勉強になります。しかしそれはただ勉強になるのでなく、人として議員として学んでおります。人間本気になれば必ず叶うものだとも思いました。現在は、土浦を活性化させたいという強い思いで実現に向かっております。それほど濃い一ヶ月になりました。
私も青山議員を見習って、残り一ヶ月の大学生活、そして社会人になっても学んだことを活かしていきたいです。

2009年3月7日
羽成 敏之

土浦桜まつり 

 3月20日~4月12日まで、土浦桜まつりが開かれております。期間中の土日は10時~16時までの間、一時間ごとに土浦駅西口⇔まちかど蔵⇔つくばエクスプレスつくば駅をレトロバスの無料送迎もやっております。
桜祭り①
 早速、土浦駅西口からレトロバスでまちかど蔵へ。

 まちかど蔵では、歴史ある建物の中で、お茶や土浦の歴史の紹介などさまざまなおもてなしをしてくれます。早速、岩手県からご夫婦で観光にいらした方ともお話しましたが、とても楽しんでいるとのことでした。

 期間中の4月5日の日曜日は亀城公園の特設ステージにて、私も一ファンであります神楽(かぐら)のミニコンサートをはじめさまざまなイベントが催されます。このブログをご覧の全国の皆様、是非、土浦桜まつりへ足を運んでみてはいかがですか?お待ちいたしております。

3月議会最終日 

 本日は3月議会最終日。平成21年度茨城県の予算を可決しましたが、同時に議会として、県に対し健全な財政運営を求める決議を出しました。

 私が議員になる前の平成18年度から県住宅供給公社と県土地開発公社へ巨額の経営支援をしており、さらに今回平成21年度予算に県開発公社に対する経営支援として136億円が計上されております。後々県の財政をひっ迫するのが目に見えております。ただ、緊急雇用・経済対策も予算に盛り込まれていることもあり、苦渋の決断でした。
本会議バック

 また、民主党が紹介議員となった介護型療養病床廃止の中止を求める請願が否決されました。介護型療養病床の廃止が今後社会的に大きな問題になるのは明らかであります。今回の保健福祉委員会でもその問題性及び県としての対策を質問しましたが、今後もこの問題を委員会で取り上げていこうと思います。

今回の事件、どのようにお感じですか? 

 午前中は地元で2件ほど予定があり、その後都内のシンポジウムへ。今週は都内が多いなぁ。題して”青年将校化する東京地検特捜部~小沢第一秘書逮捕にみる検察の暴走~”。

090315青年将校化する東京地検

 会場全体で600人くらいはいただろうか。このシンポジウムの準備期間がわずか5日間というのだから、今回の事件がいかに関心が高いかということである。私自身、今回の事件についてマスメディアを通じての情報しか知らなく、ことの真相に少しでも触れたいと思い、参加したしだいであります。講師陣の顔ぶれも凄い。魚住昭、佐藤優、鈴木宗男、田原総一朗、平野貞夫 、宮崎学(敬称略)。

13日の金曜日 

 本日は、担当委員会がなかったため議会休会日。私が産まれる前から、私がお世話になっている方の御親族のご不幸があったため、急遽都内へ。久しぶりに泣いてしまいました。

 夕方は、水戸でアシアナ航空の会長を招いて茨城空港就航記念のレセプションが行われるため、上野から特急で向かいましたが、まさかの列車ストップ。2時間以上列車に閉じ込められておりました。当然レセプションには間に合わず・・・。その次の予定には一時間遅刻でした。原因は人身事故とのこと。水戸から乗ったタクシーの運転手さんが”常磐線で最近人身事故多いよね”とポツリ。

 全国で年間約3万人にものぼる自殺者の数。本県では平成19年に770人であり、昭和42年の213人に比べ3.6倍。人口10万人あたりの自殺者数では26.3人(全国24.4人)で全国16番目と上位であり、早急に改善すべき本県の大きな課題であります。

 ただ、本県に限らず、この国全体で自殺者の数が増加傾向にあります。あのデタラメな小泉竹中構造改革の負の遺産が出始めているのではないか。私が大学時代の後半に小泉竹中が出てきて、当初、漠然と”凄えな”とは思ったけれど何となく違和感。秘書となって国会でその構造改革とやらの模様を傍らで見てたけど余計に違和感を持つようになった自分がいた。

 県議会議員になって早2年が過ぎたが、あの構造改革によって地方がズタズタにされ、さらにひどいことに旧態依然の負の遺産は残っているため、負の連鎖反応がおこっている状態。そんな状態だからこそ、大きな”うねり”が今、必要なのだ。

 

要望活動 

 本日は本会議の前に茨城県高齢・退職者団体連合会の方々の知事への要望に川口県議、佐藤県議と一緒に同行。
090312高退連知事要望写真

 介護保険料の徴収方法を年金からの天引きではなく、口座振り替えとの選択性にすることの申し入れであります。

晴れて卒業 

 本日は鳩山友愛塾の卒業式でした。そのため、常任委員会の審議が5時で終わるや否や、特急に飛び乗り都内へ。昨年4月に鳩山友愛塾が設立され、一期生として一年間学んできました。議会の関係で出席できない日もありましたが、本日晴れて卒業。
 2008kougi11_1.jpg
(鳩山邦夫総務大臣・写真は鳩山友愛塾HPから)

 特にこの一年間は鳩山邦夫塾長代行が法務大臣、総務大臣であったため、死刑執行のお話や、地方交付税、公会計の改革、かんぽ宿の問題などのトピックにおいて、マスコミでも知ることができない大臣ならではの裏話などが聞け興味深かったです。

 ただ、私が民主党にいることで大臣の私への心証はあまり良くないはず・・・。(国会秘書時代は鳩山邦夫塾長代行の地元九州まで選挙の応援に行きました)
090310ブログ画像
(毎日新聞・2008年4月14日・青山大人かわら版13

常任委員会 

 今日、明日と常任委員会です。1年目が環境商工委員会、2年目が総務企画委員会、そして今年が保健福祉委員会です。

 ただ、茨城県議会の場合、選挙が行われるのが12月なので任期が1月からであり、その関係で委員会も年初の1月~年末の12月で改選になります。しかし、県の会計年度は4月~翌年の3月。何が言いたいかというと、一年かけて議論してきたことを翌年度の予算に反映されているかチェックしようとしても、予算の審議がなされる3月議会には別の委員会に変わってしまうわけです。

 いきなり新しい委員会に配属になって、予算の審議といったってそれまでの委員会での議論の過程が議事録でしか見ることができないので、数字には載らない細かな背景までつかみにくいのが正直なところです。この議会には、こういった基本的というか素朴な疑問が多すぎる。しかし、議会制民主主義である以上、最後は数がものを言う。

 そこに身をおいている自分に対して不甲斐なさと憤りを感じ、さらにストレスがたまるのである。

花粉症にはつらい天気 

 今日はいい天気です。しかし、花粉症の自分にとってはつらいです…。鼻水が止まらない状態で予算書を読む、いまいち集中できない・・・。そこで、気分転換と運動をかねて議会報告だよりNo18のポスティング。さらに花粉を吸収してきました。

 さて、昨日の一般質問における県南地域の政令指定都市構想、介護保険料の抑制についての部分が朝日、茨城、常陽新聞に取り上げられておりました。

img0501.jpg
 (朝日新聞・3月7日・29面)

img051.jpg
 (茨城新聞・3月7日・24面)

下の記事はよく書けているなと感心しました、さすが新聞記者さん。
img053.jpg
 (茨城新聞・3月7日・24面)

 事務所に戻ると、怪我をした野鳥が道路でうずくまっているとの連絡があり、現場へ。県の方と協力して動物病院へ搬送。怪我が治って、また羽ばたいてほしいな…。

一般質問を終えて 

 県南地域の政令指定構想、森林湖沼環境税、介護保険の質問で前向きな答えを引き出せたのはよかったが、知事に再質問をいくつかしようとしたものの時間切れでアウト。一般質問の詳細については、後日ブログに掲載していきます。
09一般質問ブログ用②

 週明けからの常任委員会の審議に向けて、更なる予算書のチェックと委員会での質問構成に入ります。

動く青山を見てみませんか? 

 昨日から一般質問が始まりました。3月議会の一般質問は一日3人×3日で9人。私は最終日の2番目なんで8人目であります。ということは、緊急経済・雇用対策など喫緊の課題については、似たような質問が先に出てしまうことがあります。逆に言えば緊急経済・雇用対策については、党派は関係なく、その深刻さを認識し、政策を考えているということになります。知事はじめ執行部には、これら議会の提言も踏まえながら、これからも対策を行っていってほしいと思います。

 これから再び、明日の質問の最終の詰めに入ります。

 因みに、明日はおそらく14時からです。

 お時間ありましたら、ぜひ茨城県議会にお越しくださいませ。地元にいる時の顔とは少し違う、議会の青山の顔だと思います。なお県議会HPからライブ中継もしております。仕事の息抜きにいかかでしょうか。



 

代表質問始まる 

 さて、今日、明日と各党からの代表質問、そして水曜日からは一般質問へとなります。一般質問は議員個人としての資質、力量が問われるのに対して、代表質問は党としてのスタンスが鮮明に出されます。本日の自民党さんからの代表質問は、開発公社や道路公社の責任問題に厳しく追及するなど、9月の知事選を睨んでか、従来とは全く逆で知事との対決姿勢を前面に出しておりました。

(自民党)・「知事の多選の弊害について」

(知事)・「一概に多選がダメだと決めつけるわけにはいかない。出たい人、出したい人の中から首長を誰にするかを決めるのは、有権者だ」

(自民党)・「職員の給与カットを一部見直したため、歳入が減少する中にあって85億円の歳出増になった。企業減税などの経済対策を推し進めるべきでは」

(知事)「給与カットの見直しと経済対策は全くの別次元の話である」

と突っぱねる。どちらかというと情緒的な質問に対して、理論的な答弁に徹した知事といった印象でした。

 さて、私も一般質問で、茨城県南地域の将来像について、私の考える将来のビジョン”県南14市町村の政令指定都市構想”に対して、具体的な数値や事例を用いながら、知事がどのように考えているか問おうと思っています。地元土浦の再建やTXの土浦延伸を可能にするためにも、大きな県南地域のビジョンを示さなければいけないと常々思っております。県南地域の市長とも話をしました。どのように知事が答弁するか楽しみであります。


※一般質問は3月6日(金)14:00~を予定しております。今回は申し訳ございませんが総選挙の関係上、傍聴ツアーは企画いたしておりません。是非、県庁にお越し頂ければ幸いです。また、県議会HPではライブ中継及び録画中継されます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。