FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有権者が街を変える 

 昨日投票、開票が行われた稲敷市長選挙、坂東市長選挙とも新人候補が現職を打ち破りました。下馬評では両方とも現職が有利と思われておりました。というのも、市長選挙では自民党系現職の方が組織選挙を展開しやすいため、圧倒的に有利なのです。新人候補の勝利は、一人一人への草の根活動の成果だと思います。両新人市長の今後の活躍に期待いたします。

 さて、今年9月に知事選挙があるのですが、自民党さんは今の知事の多選を批判し、新人候補の推薦を早々と決めましたが、今回の市長選や現在行われている筑西市の市長選挙でも多選を続ける現職を応援しております。この矛盾をどのように県民へ説明するのでしょうか。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。