FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域公共交通活性化を考える 

 本日は、若手議員の仲間とともに都内にて、地域生活交通の計画手法と事業化・運営方策と題する講義を受講に。朝から夕方まで5コマ(1コマ約80分)の講義は学生時代を思い出します。

 地元土浦では、まちの活性化ということで中心市街地をキララちゃんバスなるものが走っております。これに民間の関東鉄道さんのバスが市内を走っていますが、乙戸南、都和地区などバスが通っていない地区もあり、地域の方からコミュニティバスをとの要望を何度も何度も聞いており、その解決策を模索しておりました。
090626ブログ
 コミュニティバスに限らず、通常の路線バスも含めて、地域公共交通を全体的に見直すことが重要とのこと。今回、山形市や新潟県三条市の事例を聞いてみると、行政が上手く市民をリードして、市民が主役のコミュニティバスを運行しているなと。特に三条市は当時の全国最年少の市長が当選してまもなく、トップダウンで公共交通活性化を指揮したとのこと。う~ん、さすが。

 私自身、今後の活動の重点分野の一つであります。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。