FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多選と不祥事には関連性はない? 

 代表質問の2日目。本日は長谷川修平民主党県連幹事長が民主党茨城県議団を代表して質問しました。

 民主党政権下における知事の政治姿勢に対する質問に対して、民主党が主張する”生活が第一”や”地域主権”については相通じるものがあるが、八ッ場ダムの中止やガソリンの暫定税率廃止には批判的な見解を述べておりました。

 また、知事の多選について県民から懸念の声が上がっていることについては、多選と不祥事に関連性はなく、県政は民のものであるという謙虚な姿勢を持ち続けるとのことでした。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。