スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保健福祉委員会③ 

 引き続き常任委員会の議論です。

(青山) 犬・ねこ定時定点引取り業務に関する10月議会の質問の中で,市町村が一時的に預かった犬・ねこの保管状況の改善について質問したが,その後の改善状況は。

(県)市町村には一時保護の法的根拠はないが,地域ごとのブロック会議や全体会議等で適切な取扱いをお願いしている。現在,33市町村で一時保護を実施しているが,一部の市町村ではその後改善しているとの報告を受けている。

(青山)犬・ねこの収容業務を笠間市内の動物指導センター1カ所だけでなく分散させるような中間収容施設を県南地区及び県西地区に設置するよう要望する。また、阿見町のあるブリーダーの劣悪な飼養環境がインターネットで全国的に話題となっている。県としてどのような指導を行っているのか。

(県)動物指導センターでは,通報受理後4~5回の立入指導を実施している。その際,文書による指導を含めて,管理状況の改善や飼養頭数の削減について,相手方から改善報告書を提出させ,現地の状況を確認しながら,指導を継続している。

(青山)阿見町のブリーダーの件は,刑事事件になる可能性もある。その前に行政が強く指導する考えはないのか。

(県)当該ブリーダーについては,社会的関心も高いので,引き続き指導を強化していく。状況が改善されない場合は,動物取扱業の登録取消処分もあり得る。

(青山)本県の動物愛護に関しては,関係団体などに不名誉な認識を持たれているので,改善に向け県の今後の取組みを強く要望する。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。